こたたん山通信/くまがお送りする徒然なる日記

東井堀、篠田堀を通って江戸川水閘門を見に行く

9/3の土曜、江東区の水彩フェスティバルで行われる荒川ロックゲート乗船体験クルーズに参加するつもりでしたが…あいにくの台風のため水彩フェスティバルは中止。
延期になったのかな?まぁどっちにしても日曜は荒川ロックゲートくぐれませんからね。別のチャンスを伺うとしましょう。

実は台風で中止だろうけどもしかしたら船が出るかも…と淡い期待を抱いて会場に行ってみたけど、やはり中止。
しょうがないので横十間川→仙台堀川と歩いて荒川ロックゲートへ。
もしかしたらロックゲートを通過する船があるかも…と思ったのですが、いくら影響が少ないとは言え風の強い日に出る船なんてないですね。

このまま立石に向かって宇ち入りしようかなとも思ったのですが、閘門巡りをする事にして都営新宿線に乗り瑞江駅で下車。
東井堀親水緑道→篠田堀親水緑道を通って江戸川水閘門を見に行くことにしました。
今回はその様子をお届けします。
かなり写真が多くなりますが、また一気に書いちゃいますのでよろしくお付き合いください。

瑞江駅を降りて東へ。
東井堀の下流、親水緑道になっているところからスタートします。
01

いきなりマンホールが3つあって喜んじゃいますが…
02
楽しいのはここだけでした。

親水緑道としてはよく整備されていて、お散歩コースにはいいですね。
03

途中広い歩道になったりしながら復元された水路は続きます。
04


こんな平屋も残ってたりして。
05
これで蒸し暑くなければ楽しいんですけどねぇ。
いや、蒸し暑い日に歩いちゃう自分が悪いんですが。

かなり端折っていますが、もうすぐ江戸川。
公園の中に池がありました。
06
どうやらこのあたりで東井堀と篠田堀が合流していたようです。

この先には排水機場(跡かな)
07

都市計画事業施行についてのお知らせ看板
08

排水機場の前の道にはコンクリートが転々とあります。
堤防の跡?とも思ったんですが、どうやらガードレール替わりみたいです。
09

道を挟んだ先には水門の跡が。
10

そして旧江戸川に面した場所にも水門がありました。
11

ちょっと戻って篠田堀親水緑道に入ります。
12

この篠田堀親水緑道もお散歩するにはすごくいい道です。
13
涼しかったら快適だろうなぁ。

王子板紙江戸川工場・門の前の橋。
14
緑道化された後の橋でしょうねぇ。

王子板紙の工場を過ぎたあたりで篠田堀は道から外れます。
15

車止めも石でいい感じ。
16
これで蒸し暑くなければ…
いや、蒸し暑いのはいいとして、住宅がすぐ近くにある緑道なのに猫を全く見かけません。
台風だから表に出て来てないのかもしれませんが、これだけ猫を見かけないのも珍しい。
商店街をざっと見てみたのですが、やはり猫がいない。
蒸し暑くて嫌な汗じわじわ出るわ、猫の姿は見えないわてテンションかなり下がってきています。

あ、銭湯発見!
17
いい感じの銭湯です。
一風呂浴びようかな、と思ったら16時から。がっかり。
もういいや、江戸川水閘門はまた今度にしてバスに乗って帰ろう。
そう心が折れかけた時!
なんだこのフェンスに囲まれた空間は!?
18
『この空き地の下には工業用水管があります』
空になりかかっていた自分の中のテンションメータのゲージが急激に上がりました!

どうやら江戸川から取水して篠田堀に合流し王子板紙江戸川工場に水を引いている様子。
これは取水場所がどこなのか突き止めなくてはなりませんね!
フェンスの上に手を伸ばしてもう一枚パチリ。
19

コの字で進み、さっきの反対側からパチリ。
20

さらに続き。
21

フェンスの隙間から中を覗いてみると…
飛び出すマンホールがある!
22
近くで見たい!
見たいけど…近寄れる場所がありませんでした。

コの字で先に進みましょう。
まだ先があるようです。
23

途中、アパートの駐車場からこの暗渠を眺めることができました♪
24

あ、マンホールがある。アップで…
25
真ん中が割れていますね。取りやすいように半月状2つの蓋なのかもしれませんが。
どっちなんだろう?

さらにこの暗渠は続きます。
今度は畑の間を通って行きます。
26

配管がむき出しになっている場所がありますね。
27

あの配管がまっすぐ来て…足元のコレ?
違うわなぁ。
28

先に進んで反対側から見たところ。
何故か中間部分だけ配管が出てるんですねぇ。
29
う~む…よくわかんないです。

そしてここが終点。
30
googleマップにはしっかり『王子製紙ポンプ場』と出ていました。

水利用標識
31

いや、楽しかった!
ポンプ場の前の土手を上がると江戸川水閘門が見えます。
32
ここまで来たんだから行ってみましょう。

江戸川閘門
34

施設概要
35

36

水閘門の上は橋となっていて、人と二輪車は通行できます。
37

この日は台風で増水していた為か、閘門の扉は両方共開いていました。
38

水門の方も開いておりまして。
39

増水した江戸川の水が轟々と流れていっておりました。
40

41

こちらは行徳河口堰。
42
手前のグラウンドは増水で水浸しになってました。

閘門の下流部分扉を下流側からパチリ。
43
今度はちゃんと水門が閉まっている時に来なくちゃね。
ある意味水門全開だったのを見られてよかったのかもしれませんが。

この後、篠田堀緑道から篠田堀跡らしき道をたどって新宿線・篠崎駅まで行ったわけですが、工業用水暗渠と江戸川水閘門で満足しちゃったので写真撮ってません。
つーか、さっさと帰りたかった。涼しい所で座ってビール飲みたかったのでございますよ。はい。
しかし猫が居なかったのが…
涼しくなったらまた閘門を見に行こうと思っています。
猫も多分居るだろうからね。
(猫写真撮れなかったのがかなり悔しいらしい)

今回の地図は工業用水暗渠の場所です。

より大きな地図で 王子板紙江戸川工場・工業用水暗渠 を表示
| 失われた川を歩く |
| 02:18 PM | comments (5) | trackback (0) |

コメント

こんな所を水門で閉めてるっていうのが面白いですね。
でもって面白い暗渠を見つけられましたね。
この暗渠の旧江戸川への合流口がなかったかどうか、ちょっと気になるところですが。
| 猫またぎ | EMAIL | URL | 2011/09/07 05:39 PM | MeAB4HIc |
>猫またぎさん
こんなところというのは江戸川水閘門でしょうか?
洪水対策とか淡水と汽水が混ざり合わないようにとかいろいろあるようです。
まだ勉強不足なのではっきりとしたことはわかりませんが…

王子板紙の工場暗渠の合流口、確認しませんでした。ポンプ場見ただけで満足しちゃった。ツメが甘いです。
また行って確認してこなくちゃ。猫もいるだろうし。
ただ、航空写真で見るとそれらしきものがあり、さらにgoo地図の昭和38年写真だと取り入れ口の塔なようなものもはっきりと分かります。
http://map.goo.ne.jp/map.php?MAP=E139.54.20.790N35.41.33.760&ZM=9&W=0
| ろっち | EMAIL | URL | 2011/09/07 10:47 PM | X4m1rqTs |
すみません、さっきのコメントの地図よりこっちの方がわかりやすいです。
http://map.goo.ne.jp/map.php?MAP=E139.55.4.670N35.42.3.560
| ろっち | EMAIL | URL | 2011/09/07 10:51 PM | X4m1rqTs |
> こんなところというのは江戸川水閘門でしょうか?

あ、そうですそうです。
私もWikipediaで調べてみましたが、やはり水量調整と塩害防止のようですね。
新江戸川の方にも「行徳可動堰」があり、少し上流側に作り直す計画がある、とかいろいろ興味深いことを知りました。

> 航空写真で見るとそれらしきものがあり、さらにgoo地図の昭和38年写真だと取り入れ口の塔なようなものもはっきりと分かります。

おお、本当ですね!
この塔は何なのでしょうか。
さすがにネットで調べたくらいでは分かりませんね。
ちなみに、「王子製紙ポンプ場」を引用符(“”)付きで厳密検索してみると、何と1件しかヒットしませんでした。
その1件とは、もちろんこちらのページですよ!
| 猫またぎ | EMAIL | URL | 2011/09/08 10:16 AM | MeAB4HIc |
>猫またぎさん
行徳可動堰は『ローリングゲート』と言う方式(?)だそうですね。
http://sc2.s27.xrea.com/hobby/edogawa_2-1/index.html
くるくる回ってゲートが開くのかぁ。見てみたいなぁ。
なかなか見られるものではないようですが。
この記事の日は台風の日だったのですが、江戸川水閘門は開いていたのに行徳可動堰のローリーングは閉まったまま。
放水路としての意味は?とも思っちゃうんですが…
やはり老朽化の為ですかねぇ?
そのあたりはじっくり勉強するつもりです。

江戸川水閘門と行徳可動堰で水量調節と塩害防止をしているなら、新中川は?と思ったら、新中川にもしっかり水門がありました。
ここも見に行かなくちゃなぁ(笑)


ポンプ場江戸川べりの塔ですが、たぶん以前はここで組み上げていたんでしょうね。
航空写真でこの塔を見て、何故かムーミン谷を頭に思い浮かべてしまいました。

検索結果でこのページしかヒットしないって…まぁそんなお馬鹿な暗渠歩きする人は居ないでしょうからねぇ。
ちなみに普通に検索してみると、愛知県・春日井の小学校のブログが引っかかりました。
庄内川から王子製紙の工場が水を引いているようです。
考えてみれば紙の工場では水が大量に必要なわけで。川の近くや地下水が豊富なところにあるのは当たり前ですよねぇ。
| ろっち | EMAIL | URL | 2011/09/08 11:25 PM | X4m1rqTs |

TOP ▲

コメントする











http://8.pro.tok2.com/~kumax/kotatan/tb.php/140

トラックバック



TOP ▲

CALENDAR

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
<<前月 2017年09月 次月>>


NEW ENTRIES

CATEGORIES

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACK

ARCHIVES

LINK

PROFILE

OTHER

LOGIN

現在のモード: ゲストモード
USER ID:

PASSWORD:

POWERED BY