こたたん山通信/くまがお送りする徒然なる日記

馬込山王・楓谷 その4

楓谷シリーズその4、今回は前回ご紹介した富士見台中学前のV字谷を降り立った所からスタートです。

まず西に、そして東にと移動しました。
01

V字谷の一番低い所は商店街になっていました。
02
ここの右側の駐車場にも左側の空き地にも猫が居たので、この場でちょっと時間を食ってしまいましたが…
このブログとして見なくてはいけないのは猫さんではなく、左側の電柱。

電柱と家との間が空き過ぎている感じがしません?
03
gooの航空写真を見ると以前は水路があったみたいな雰囲気。
すぐ前にコインランドリーもありますからね。この隙間に流れていたんじゃないかなぁ?と妄想してみます。

ちょっと進んで南側を見るとクリーニング屋さんが!
04
谷底からちょっと離れているのが残念ですねぇ。

そしてこんな通路も!
05
暗渠っぽい感じもしますが…単に通路のブロックの間にマンホールがあるだけなのかも。

道に突如ガードレールが現れます。
そして何故かここにだけ鉄の蓋が歩道になっている場所を横切るように出現。
06
なぜここだけ下が見えるように…
07
あ~っ!下覗いてこなかった!
また確認しに行かなくちゃだなぁ。

ちょっと進むと北側にはこんな階段。
08
マンホール部分も階段の一部になっているようで、なかなか味がありますねぇ。
この階段の上は普通の道路になっているみたい。
みたい、と言うのは登ってないからでして…
階段を見たらやはり登って(もしくは降りて)みなくちゃいけませんなぁ。

国道1号のガード下あたりから歩道は急に狭くなり、次の角あたりで消えてしまいます。
09
もしこの歩道部分が水路だったとしたら…どこから流れてきてたんだろう?
多分三方向から流れてきて中規模な流れになっていたんじゃないかとは思うのですが…これも妄想です。

道は角度が急になり、突き当たって終わり。
10
地形図見てもこのあたりが谷の始まりのようです。

ついでに…と、このあたりを歩きまわってみたのですが、どうも見たような風景。
なんでかな?と思ったら、すぐ近くが内川の源流でした。
そっか、内川を遡ってきた時もこのあたりをうろついたんだよなぁ。

さて、来た道の一本南の道を通って東に向かってみます。
国道1号の一本西側も見事なV字坂になっていました!
11

谷底に戻って、商店街を抜けて東に向かいます。
商店街を抜けると…
正直言って何の変哲もない風景。
12
水路の跡らしきものは確認できません。
猫はいるんですけどねぇ

あ、新幹線。
13

横を見ると…長~~~い階段。
14
登りませんでした。すみません。

道の突き当たりでロマンチック通りに合流。
だまし絵みたいな新幹線の高架の写真で今回は終了です。
15

今回も単なる谷散歩になってしまいました。
次回はこの北側の残る谷部分を歩きます。
えっと…次回も谷散歩です。水路歩きじゃない…と思いますがご勘弁。

今回地図はこちら。歩いたのは紫のルートです。

より大きな地図で 楓谷・北 を表示

暗渠写真はごく僅かなのですが、猫ブログの方で水窪川の流れをたどった時に会った猫さんをアップしています。
(暗渠歩きで猫と会うから数回)
実は猫撮散歩していて、いそうな場所を求めて細い道に入ったら暗渠っぽくて。
んで暗渠らしき道をたどっていったらサンシャインの方に出て。
「そう言えばサンシャインの方を水源にする川があったはずだよなぁ」と帰ってから調べてみたら水窪川だったと。
猫写真ブログなので暗渠関係の写真はごく僅かですが、猫好きの方はご覧になってくださると嬉しゅうございますです。はい。
| 失われた川を歩く::馬込・楓谷 |
| 12:11 AM | comments (0) | trackback (0) |

コメント


TOP ▲

コメントする











http://8.pro.tok2.com/~kumax/kotatan/tb.php/136

トラックバック



TOP ▲

CALENDAR

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
<<前月 2017年09月 次月>>


NEW ENTRIES

CATEGORIES

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACK

ARCHIVES

LINK

PROFILE

OTHER

LOGIN

現在のモード: ゲストモード
USER ID:

PASSWORD:

POWERED BY